Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Recent Comment
  • 母校での授業〜高校生へのメッセージ〜
    Kaori (06/06)
  • 母校での授業〜高校生へのメッセージ〜
    財官 (06/06)
  • 2013年春以降の講座日程です〜♪
    Kaori (04/20)
  • 2013年春以降の講座日程です〜♪
    masa (04/02)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
電車の中で
 先日JRの中でのこと。


電車の中で立っていた、若い女性二人連れ。
一人は、ベージュの帽子をかぶっていました。

すると、二人の近くに立っていた、一人の男性が2人に話しかけました。

そうですね〜70代か、もしかして80代?
といった感じの男性で、

なんと、その女性の帽子とそっくりの帽子をかぶっていて、
それをちょいと持ち上げながら、声を掛けておられたので、

きっと、 「そっくりだね〜」 なんておっしゃったのでは?


私は、その男性の背中側から、3人の様子を見ていましたが、
2人連れの女性も、どんどん親しそうな表情になり、
男性との会話を楽しんでおられる様子。

なんだか、とってもほほえましく、
性別も年齢も越えて、初対面の方々が、楽しそうにお話されているのは、

こちらまで、人間っていいな〜みたいな気持ちで、
嬉しくなりました

思わず、会話の仲間入りをしちゃおうかなって思うくらいでした


その男性が警戒心のない、リラックスした感じで、
ひょいっと話しかけておられたので、
きっと、女性たちもその雰囲気に引き込まれたのでしょう


実は、アメリカに滞在中は、よく見る光景でした。
年齢や性別にとらわれず、相手とかかわっていく
アメリカの人々の姿勢が、魅力的だな〜と感じていたことを思い出しました。

私も、そうでありたいと思っています。


あ、そうだ、今日、町を歩いていて、
私がよく買うブティックの服を着ていた知らないご婦人に、思わず話しかけ、
しばらく会話を楽しんだのだった、ワタクシ

なかなかやるわね〜
posted by: Kaori | - | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
夏休みの宿題
  FMちゅーピー、毎月第4月曜日、14時20分くらいから、15分あまり、
           広島すまいるパフェに出演しています

           パーソナリティーの天野真木子さんと
          「つながって生きる」と題して、おしゃべり


2013年7月22日の「つながって生きる」〜夏休みの宿題〜

子どもが小学校入学から、高校卒業まで12回の夏休み。

毎年、夏休みの宿題にやきもきさせられる親御さん、
特に、お母さんかな?・・・が多いのでは?

「早く取り掛かりなさい」とか「最後になって慌てても知らないわよ」とか、
命令、提案、脅し・・・同じことの繰り返し、というご家庭もあることでしょう。

同じことを言っても、効果ないとしたら、もっと方法を変えることを試すといいのでは?

こんな時、宿題になかなか取りかからない「子ども」に
意識が集中しがちですが、

コツは『自分こみゅ』
自分とコミュニケーションを取ること。

たとえば、「なぜ、夏休みの宿題を早く済ませてほしいのか」
じっくりと、ご自身の思いに耳を傾けてみませんか?

子どもが宿題を早く済ませないことで、
実際に自分に「迷惑」がかかる場合もあるでしょう。

でも、別に自分に影響があるわけではないけれど、
ヤキモキ、イライラ、モヤモヤ、ムラムラ・・・
ため息をつきたい気分になっていることが、
案外多いのでは?

「な〜んだ、私が困るわけではないんだ〜」と
気付くだけでも、気持ちと言葉が変わることでしょう。

もし、『自分こみゅ』して、こんな風に心が整理されて来たら、
子どもに宿題のことで「うるさく言う」以外の方法が
たくさん可能になりますよ〜

たとえば、
子どもの宿題に対する思いを聞く
 子どものありのままの思いをじっくりと聞くことで、
 お子さん自身が、宿題に関する自分の願いが明確になり、
 解決策を考えていくのを、親として支えていくこともできます!

あるいは、
お子さんと話し合う。
 宿題をやることのメリット、デメリット
 宿題をやらないことのメリット、デメリット
 宿題を早く済ますことのメリット、デメリット
 早めっていつのこと?
 早めにすることの難しさって何?

などなど、いろいろなテーマで、批判なしで、自由にいろいろな
意見を出し合うというのはいかが?

親も子も、夏休みの宿題に関して、意識が変わっていくのでは?

また、宿題を出す教師の側も、
 宿題を出す意義、宿題の内容、目的、
 など、明確にしていく作業も必要、かつ有意義なのでは?



というようなことをお話しました。

実際に、小学生や中・高校生と話し合ってみたいものです。

おもしろいでしょうね〜


私、以前から、塾のオプションとして、
「コミュニケーションの授業」があってもいいのではないかと思っています。

たとえば、くもん教室は、週2回らしいので、
週1回、「コミュニケーションの授業」を設定するってどう?

どなたか、塾の経営者さん、試みません?

私、子どもさん向け「コミュニケーション授業」提供できますよ〜

コミュニケーションの授業のある塾って、
評判になるのではないかしらん。

いい案じゃない?

話が「夏休みの宿題」からずれちゃいました〜

posted by: Kaori | FMちゅーピー | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |-
車イスバスケ「リアル」
 今日は、漫画の話です

井上雅彦さんの「リアル」を
YOUNG JUNP COMICSで読んでいます。

年に1回、秋に発行されるので、毎年楽しみに、
1冊ずつ読みまする

息子が買っていたのを、読んだのが始まりですが、
いや〜いい本との出会いをありがとう


陸上の選手だったけれど、今は車イスバスケの選手である、
戸川清春くん

人生を模索中の野宮朋美くん

その他、様々な登場人物の人生が錯誤し、
いろいろな感情や、思いが描かれ、
大変興味深い内容です。

我が家の廊下横書棚にあるので、
通り際についついぺらぺらっとページをめくります。

そのあとは、よしっとエネルギーが湧くのが不思議です

朋美君の内面の様々な率直な思い、
清春くんの負けん気、
どれも好きです


これだっと強く惹かれるものや、
思いを持つものや、
使命感を感じることに、
突き進む、

年齢関係なく、
自分に限界を与えず、

チャレンジしていく。

清春くんや朋美くんの姿に勇気をもらいます。

今、私がいろいろと取り組んでいる「動きs」
誰かと思いっきり語りたい気分




posted by: Kaori | - | 12:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
親業のフォロー勉強会
 広島や、浜田、岩国で、
親業訓練一般講座でゴードン・メソッドの基本を学ばれた方々と、
フォロー勉強会の集いを持っています。


今回のテーマは、

「自分の心の整理、明確化〜能動的な聞き方の徹底演習〜」

 

親業で重きを置いて学び、演習する
「能動的な聞き方」
の復習と、演習を行いました。

お一人10分程度、話をし、聞き手は「能動的な聞き方」をします。

普段、なかなかじっくりと聞いてもらえないことも、
心置きなく10分間×2セット話すことで、

心の整理がついたり、自分の思いに気付いたり、
心がすっきりする時間になるようです。

そして、新たなエネルギーが湧く!

ゴードン・メソッドの基本は、
「親業訓練一般講座」で学べますが、

その後、引き続きトレーニングを重ねていくことで、
コミュニケーションの実践力UPと共に、
メソッドへの理解も深まります。

人間関係の力量UPが、
私たちの人生の充実を支えます。

より多くの方に、この方法との出会いを提供したいと、
日々思う私。

思っているだけでは、何年たっても変わらないとも言える!

ので、行動につなげていきます


いつも同じ思いを語っている気がしますが、
この熱い思いは燃え続けているのでございまする〜

posted by: Kaori | - | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-
マツコさんのお母様
 先日、マツコ・デラックスさんが加賀美幸子さんに、

「親からこうしろ、ああしろって言われたことが一切ない。
 ただ、一つだけ言われたのは、
 あんた、太りすぎじゃない?ってことだけ。」

という内容のことをおっしゃっていました。

いや〜、我が子に口出さないって、
なかなかどうして、できることじゃない!
すごいな、マツコさんのママさん。

ついつい、あれしろ、これしろ、
ああした方がいいのでは、
何故そうするの、

まあ、山のようにいろいろと言ってしまうものです。

我が子への愛から・・・・・

とか言って、実は自分が安心したいだけだったり、
自分の都合だったり、見栄や世間体だったり、
自分の価値化やスタイルの押しつけだったり、

まあ、ホント、私もたくさんいらぬ口出しをやらかしてきました

親になって25年。

今からなら、もっともっと度量の大きな、
子どもを見守る、

そんな親する気がしますが・・・


でも、これからでも、
子どもの人生を子どもにゆだねる、
そんな親になろうと、

努力中です


マツコさんが、あんなにもどっしりと(心が)
自分をさらけ出せる強さをお持ちなのは、
お母様のお陰もあるのだろうな〜
と思っているワタクシです

posted by: Kaori | - | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |-
母の愛
 先日、広島に帰る高速バスの中で、
あああああ〜〜〜〜雨が・・・・・
と、気付く・・・・!!!!

天気予報と違う・・・

傘持っていないよ〜〜〜
どうしよう〜

おしゃれワンピースが濡れちゃう
が〜〜〜ん

ところが、バスを降りたとたん、母からメール

「停留所まで迎えに行くよ

まああ〜〜〜子どもに返ったみたい。

雨の日に、母さんが迎えに来てくれる嬉しさ、頼もしさ

まさに、
ぴちぴちちゃぷちゃぷランランラン

雨の中、ふたりで仲良く帰りました。

それにしても母の健脚には、驚かされます。
坂道で、私の方が息が荒くなっていました

毎朝筋トレしている母には叶いません〜〜
いろいろな面で、尊敬そして感謝

親って有り難いでする・・・

親孝行、したい時には親はなし、
とならぬよう、
意識して恩返しをしたいと思った、
雨の日のことでした

posted by: Kaori | - | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
桂文枝さん、会いに行きます☆
 息子が大阪に引っ越しました

あら、なんばグランド花月に近いじゃない

かつて、桂三枝さんの舞台を見て、
なんて面白いのだろう〜と楽しかったことを思い出しました!

調べたら、7月に桂文枝さんのフェスティバルがあるではありませんか

1階席1万円

「行きたい時に行っておいで
チケット代、おごってあげる」

と、母の後押しに勇気をもらい、
よしっとチケット購入。

なんだかワクワクと楽しみになってきました。

母が、私を応援してくれている気持ちが、
とっても伝わってきて、
心から有り難いなあと、感謝の思いです

息子ともデートできるし、もう、るんるんるんるん

かつて、母は弟ばかり可愛がる、
なんて思って、
苦しさを感じていたこともあったけれど、

こうやってお互いに大切にし合えるのは、
本当に嬉しいです

私が、母を大切にしようと思う何倍も
母が私を大切にしてくれていますが・・・。

私としては、これも、ゴードン・メソッド親業との
出会いのおかげだと確信しております。

こうして、私の人生に大きな宝をたくさんくれている
ゴードン・メソッドを
たくさんの方に提供したい!!!

いつも、この思いに行き着くワタクシです
posted by: Kaori | - | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) |-
Y保育園での親業講座終了
 Y保育園にて、保育士さん全員での親業講座、無事終了しました。

週に2回、18時から21時までの講座。

帰ると夜10時過ぎで、意外と疲れましたが、
講座を提供する喜びはとっても大きかったです〜

そして、お仕事の後、講座で学ばれ、
実践に生かし、向上心を持って歩まれる
保育士の皆さんのことが、
とても愛おしく思えました

保育士の皆さんからのたくさんの事例、感想を
まとめてレポートにしていくつもりです。

それを、更なる次の活動に生かしていこうと
いろいろなアイディアで計画中

先日も、様々な人間関係上の悩みをお聞きしながら、
「あ〜親業を学ばれたら、状況は全然違ってくるだろうな〜」
と、もどかしくも、悔しくも、そして悲しみも感じました

私の得た、そして育ててきた、
コミュニケーションに関する「種」を
多くの方に配って、役立てて頂きたいと、
願っています

実は、すでにいろいろと新しい動きを始めています。

成果を皆さんにご報告する時を楽しみに、ガンバリマス

posted by: Kaori | - | 23:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-
テーマ「力」
 今年の講演会などでのテーマに、
     『力』
ということを取り上げようと思っています。


7月28日(日)の浜田市PTA連合会研修大会・講演会では、
『力を使わない解決の仕方〜心地よい人間関係を築くために〜』
というテーマで、お話します。

6月24日(月)のFMちゅーピー「すまいるパフェ」
(14時20分過ぎから15分程度出演)でも、
また、
来週の三次市教育委員会の教員研修会でも、

この、『力』ということを取り上げたいと思っています。

昨年は、柔道界のオリンピック選手への暴力も
問題になりました。

   幼児虐待、親の子への暴力、
       夫から妻への、
     彼から彼女への、
      家庭内での、
       職場での、

様々な人間関係における『力』の行使。

私自身、過去を振り返ってみると、
親として、教師として、あるいは妻として、娘として、などなど
『力』を振るってきた事、振るっていることに思い当たります

子どもの頃、いえ、大人になってからも、
友達や周りの人に意地悪な思いで『力』を使ったこと

もちろん、『力』は悪いものばかりではなく、
影響力であったり、相手を守る力であったり、
必要な、温かい力もありますね。

でも、きちんと意識していないと、
自分が使われて嫌だった『力』を、

自分も他の相手に同じような『力』を
同じように使ってしまうことも少なくないのでは・・・・

あるいは、軽い気持ちで、
時には、使って当然と思って、
また、愛情表現として、

『力』を使うこと・・・・

私もあったな〜と気付きます・・・

『力』について、話し合い、意識しなおしていく
機会を持つことが、変化を生み、成長していく上で、
大事だと感じています。

講演会、研修会、ラジオなどの機会を生かして、
私自身と、そしてそこに参加される方々と、
『力』について考えていく時間を持っていきます

posted by: Kaori | - | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) |-
NHK Eテレ ハートネットTV
 2013年6月17日(月)
偶然、NHK Eテレ ハートネットTV  を見ました。

最後の数分程度しか見れなかったのですが、
とても興味深かったです

シリーズ 多様な”性”と生きている
第4回「マツコ・デラックス”生きる”を語る」でした。

マツコさんのリラックスした自由な感じの語りに
引き込まれて、つい最後まで見ました。

聞き手は、後で調べたら、
元NHKアナウンサーの加賀美幸子さんで、
マツコさんは彼女のことをとても尊敬しておられるとのこと。

加賀美さんのお聞きになる様子は、大変穏やかで、
マツコさんはとても話しやすかっただろうなと思います。

マツコさんが、お話されながら、
どんどん自分の思いに気付いていかれました。

「自分こみゅ(じぶこみゅ)」されていたんですね〜

その率直な、自然な様子に、魅力を感じました

前半部分も見たかったと思ったら、
なんと、再放送があることが分かり、
嬉しくなりました

翌週の同じ曜日のお昼に再放送です

つまり、6月24日(月)13時5分から13時35分まで。

ふっふっふ、私は既に録画予約済み

マツコさんが何をどう語られたか、
私がご紹介するよりも、
(どのみち、私は後半10分程度しか見ていませんし)
ご興味おありの方は是非、再放送をご覧くださいませ

感想を語り合う機会があると楽しいな

もちろん、様々な感想があるでしょう

先の楽しみがあるってウキウキと小さな元気が湧きまする

posted by: Kaori | - | 15:21 | comments(0) | trackbacks(0) |-